<< 脱出方法を掴め | main | 人生の真の目的地とは >>

続・脱出方法を掴め

私たちは、この地球に生まれ、幼少期を過ごし、学校で学び、社会に出て日々年月を重ねていきます。そして人生長く生きれば生きるほど、矛盾や絶望、憤りという気持ちに幾度となく苛まれています。私たちが生きていく中で、そういう出来事が占める割合が多く、その思いが強ければ強いほど、生きる虚しさを感じることと思います。そう感じつつも必死で生きている人がどれだけ多くいることでしょう・・・。その中に数少ないであろう そう思わない人がいたとしても、世は矛盾だらけということです。そしてそう思わない人は、この世でいう恵まれた人。地位や名誉を持った人。生まれながらに何不自由がない人。この世はそういう人が勝ち組ともてはやされ称されています。そういう矛盾極まりない価値基準が当たり前となっているのが私たちの世界です。それに異議を唱える人など世界中皆無なのです。持つ者と持たざる者。そういうことです。そして持たざる者たちは、その矛盾を娯楽、宗教、麻薬、といった事柄で一時的に麻痺させている形です。しかしそれで虚しさなど一生埋められません。埋められないままに結局人は死にます。結局死ぬから持つ者が勝ち組ってことでしょう。この世で謳歌しまくろうという腹なのでしょう。でも、そういう者も結局は同じ死ぬ運命なのです。それが世の中の道理であり道義ってことです。なるほど、良心がまともな人が犠牲になってしまうのが世の常という理不尽な状態ということです。ただ、そんな理不尽で不条理な世界のままでこれからも生きることは、まっぴら御免だということは確かです。まっぴら御免だから犯罪を犯すのでしょうか。自殺するのでしょうか。自暴自棄になるのでしょうか。そんな酷な人生を送るために、人は生まれてきたのでしょうか。私たちは、その件について絶対に妥協し、仕方なく受け止め、ただ死を迎えてはならないということを知って欲しいのです。


スポンサーサイト

  • 2018.11.30 Friday
  • -
  • 18:44
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM