<< 現代文明の間違い_再 | main | 嘲笑 >>

本当の真実とは

西暦とはキリストの誕生の年(実は生後四年め頃)を元年として数える、年代の数え方。

聖書とは。クリスマスとは。日曜日とは。どれも意味があります。そしてその始まりは全てイエスと言う一人の人物に関わります。聖書にあるイエス・キリストです。この内容に関しては、絶対に否定できない、れっきとした証拠があるということで、でっち上げやおとぎ話とはわけが違います。もし西暦という概念ががでっち上げなら、なぜここまで世界基準になりえるでしょうか。西暦が胡散臭いと日々思い続けている人など皆無です。実は人間が存在する意味は、この部分に重要な真実が隠されていることが、わからない状態です。まさに、意味、意図を履き違えている結果が、この混沌とした文明に反映している結果になっています。真実とは、うそや飾りのない、本当のこと。まことの意味。どういう角度から検証しても疑いようがないこと。「今、2018年です。」という話は果たしてうさん臭いでしょうか。その部分に疑問を持つ人がいるでしょうか。そうじゃないかもしれないと思う人など世界中誰一人としていないと思います。強引に捻じ曲げたような疑問を呈す人はいると思いますが、そういうねじれた人は別として、基本真実とはそういうことだと思います。ごく自然で偽りのない、当たり前であって当然のこと。信じたい・信じるといった概念がない状態のこと。100人いて1人でも本気で疑問を呈する事柄は、真実とは言い難いとは思いませんでしょうか。それを私たちが生活する周りの状況に当てはめるとすると、政治・経済・宗教・教育などがありますが、そのどれもが真実とは言い難いと思います。自分はこの世界を信じている。と言う方がほとんどだと思いますが、実際は嘘や偽りの繰り返しというのが、この私たちの生活環境ではないでしょうか。それに人生の重きを置いています。それが正しい生き方だと思い込んでいます。果たして人生の真の目的がこの世の成功なのでしょうか。私たちは、そこに照準を合わせ続ける限り、自分がどうあがいても 死ぬまで本当の真実には到達しえないと思います。それはつまり、私自身もしかりということです。

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.05.24 Thursday
  • -
  • 12:56
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM