<< 国際情勢に関して | main | 荒唐無稽 こうとう-むけい >>

続・国際情勢に関して


トランプの訪問について
============================

■ドバイショックがまた起こるのか?

 

サウジやUAEなどは、ソフトバンクのファンドで大打撃をこうむり、電気自動車の普及で石油価値が暴落し、資源国の弱みである「資源価値の変動による経済の大振れ」でガタガタになるでしょう。サウジは今現在も政情不安を抑えるため、他王家や幹部らを突然逮捕して粛清をしました。そんなことをしないと、政治が保てない国は長くないです。
まさかサウジがなくなるなんて……私が生まれて今にいたるまで「まさか」は何度も起きて来ました。

■ブルーのネクタイ=戦争への青信号

今回のトランプのアジア訪問で、興味深かったのは日本で安倍首相とトランプが共に「ブルーのネクタイ」で記者会見に応じていたことです。韓国の文在寅大統領でも、二人ともブルーでしたし、中国の習近平国家主席ともブルーでした。
これは、明らかに意図的でした。通常、赤は「強気の交渉で臨む」場合につけます。青だと自制的になります。ビジネスでも交渉に勝ちたかったら赤をつけることです。私も、営業で勝ちたい時はだいたい赤系統のネクタイで行ってました。実際勝ってました。
トランプも国内で強気の時は必ず赤のネクタイでしたが、なぜ青にしたのか?
今回彼が欲しかったのは「赤をつけないといけない交渉はすでに終っており」、あとは北朝鮮攻撃の最終的同意と、アメリカから相手国への一方的な輸出の容認だったからです。どちらかというと「合意」「同意」がメインだったということです。
そして、相手国も合意や同意したので「青」だということです。
交通信号でいうなら「北朝鮮を粛々とつぶす米朝戦争の青信号が出た」ということです。

韓国では反トランプデモが大量に発生し、実際にトランプにデモ隊が迫って移動ルートの変更まで起きました。イバンカが韓国に一切行かず逃げ帰ったのも、こうした事情が事前にわかっていたからでしょう。


■日本と韓国と中国のトランプ接待の違い

トランプは今回、真珠湾奇襲されたハワイの太平洋軍司令部に降り立ち「リメンバーパールハーバー」とツィートしたあと、日本占領の拠点である横田基地に降り立ちました。もちろん、セキュリティ上の当然の行動でしょうが「アメリカによる日本占領統治」を象徴する旅程でした。
ただ、日本政府とマスコミは「日本国民の士気が下がるため」このことは報じないように「気を使い」ました(笑)
安倍は「トランプとオトモダチ」と強調しゴルフしようが……関係ない。娘のイバンカは、父と同じくアイビーリーグのペンシルバニア大出て、それだけでもモデルでやっていける美貌の持ち主です。ツラが悪く不細工な安倍夫妻と雲泥の差です。
そんな人間を首相に選んでいる日本国民もまた「低レベル」だということです。そして自滅していくのです。
次に訪れた韓国は、サイテーでしたね。自国のまずい料理を押し付けて、トランプもさっさと逃げ出しました。相手のことなんか考えないのが韓国人です。竹島近海でとれたエビを「独島エビ」と出すわ、元慰安婦を晩餐会の席に座らせトランプに抱擁させるわ……いつも自分ファースト。日本の北朝鮮拉致被害者らをずらっと立たせて、たいして話すこともせず、ましてやトランプ大統領は横田さんを抱擁もしませんでした。安倍が何十年も拉致被害者をダシに使っては何も行動しない……右翼からも最近すごくたたかれてますけどね。ホントだから。安倍はパフォーマンスしかしない。「口だけ」なのに、韓国の売春婦は抱擁するのか……ほんと、下品だよな。韓国。さて、安倍の東京でのもてなしも、韓国で一挙に台無しにされました。

日本は、気を使ってトランプのためにハンバーガーや高級洋食でしたね。ただ、日本人はいつも錯覚するけど霜降りの高級牛肉がいいと思って出すんでしょうけど、写真みたけど、アメリカ人には量が少ないでしょう?

そういうところ、わかっていないんだよな。

あれだったら、USビーフの大きい肉のステーキをどーんと出してあげたほうがトランプは喜んだと思います。
日本の外務省もダメだね。国際的なつきあい。

そんな中で、悔しかったけど、よかったのは中国の接待でした。故宮を借り切って……故宮自体は廃墟なんで何もないですが。古美術の修復チャレンジを大統領夫妻としたり、京劇見せたり、品のある文化・教養があふれ、さらに豪華さがある演出でした。
多分、習近平は「4000年以上の歴史がある我が国と、たかだか200年程度の国のお前らとは違うんだよ」と静かに言いたかったのだと思います。

■トランプ訪問の結果

映像見ていて、トランプ大統領も、習近平も奥さんモデルみたいに美人です。いっぽうで安倍夫妻が最悪。韓国の文在寅大統領は、いつも妻に「NHKのニュースウォッチ9の有馬キャスターに似てるよな」と言って笑ってます。
トランプは案の定、日本や韓国に兵器を大量に買わせることに成功しました。「戦争しろ」ってことですね。
トランプは、訪問のあと北朝鮮に最終通告を行い、準備が整う12月以降、北朝鮮が暴発した(暴発させて)一気に戦争に入るでしょう。おりしも、12月8日(ハワイでは12月7日)は大日本帝国が真珠湾奇襲をアメリカに仕掛けた日です。
日本国民は安倍晋三という史上最悪の首相を選びました。でも、選んだのは国民です。これから日本はまた団塊の世代が住んでいた廃墟やバラックの街になるのです。
 

内海新聞より引用


スポンサーサイト

  • 2018.10.18 Thursday
  • -
  • 12:52
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM