<< 人生の本当の勉強 | main | 文明生活は矛盾を実感できる場 >>

絶対に諦めないこと

私たちが地球で生きているこの人生というものは、一体何のためになのでしょうか。こんなこと考えること自体が邪道という空気感が世の中には蔓延しています。自分たちは生まれてきたくて生まれたわけではありません。ましてや矛盾した世の中での生活を余儀なくされています。その中でお金という価値基準で人の優劣をつけ価値を見い出し、地球の資源を拝借し、物質やお金で矛盾を抑えてつけて楽しみを見出している日々という訳です。そこには疑いの余地などない状態です。なんだかんだこじつけて文明社会こそ、義なりと説き伏せています。国の力関係もあり、言語や文化もあり、気質もあり、加えて世界をリードしている元凶がいる限り、ことを複雑化していくことでしょう。こんな状況で文明は間違えていると声を出しても、全人類に一笑に付され、相手にされないのがオチです。

ですが、その文明を司る仕組みに、これまでにないやり方で真っ向風穴をあけた方がいます。人間がなぜ地球で生活しているのか、死んでどうなるのかという曖昧な疑問に、その目的はこれだという事柄を理路整然と示しています。

地球の寿命には限界があります。太陽を巻き込みいずれ消えてなくなるという現実は空想ではなく科学でも発表されている事柄です。

地球の温暖化や様々な災害の恐れも、地球の構造に対して見解がなされています。また、人間同士の啀み合い、戦争など、100%ありえないと断言する人はまずいないでしょう。そんな現状が基盤となっている状態が、人生の本質と誰が心から納得しえるのでしょうか。私たちが死ぬ間に成さなければならない重要な事柄があることを、人類ほぼすべての人間はまだ気づかずに生活しています。人間は死にたくないと心で思いながら、やるべきことが全くわからないまま死んでいるのです。それゃ宗教というビジネスが成り立つ訳です。たとえやるべきことに気づいても、マクロ的に捉えることを思い描かず、ミクロ的にだけ捉えてしまうと、豚に真珠ということになってしまいます。物質に目を奪われ、目的をすり替えられてしまいます。私たちはそういう本質を捉えるアンテナを常に意識し続け、正しい、偽りの見分けもし続けなければなりません。ただ、それは自分の力では無理です。じゃあどうすればいいのか。その部分が重要です。そのせめぎ合いの中で、どんなことがあろうとも目的に達するためにはブレない気持ちが大事なのではないでしょうか。その目的までの道のりは人により大変さは違うでしょう。ですがどうしてもそこに到達しなければなりません。どうせこの世は嘘の世界。本当の目的などこの世にはありません。この世の成功?お金もうけ?今の人間はそれに雁字搦めにされています。魂までもです。

本当の目的を知ったまだ少ない有志は、たとえ歩みは遅くても、誰に何と言われても本当にやるべきことから逃げず諦めないものがあれば、必ず目的にたどり着くのだと強く信じます。


スポンサーサイト

  • 2018.05.24 Thursday
  • -
  • 12:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM