<< 文明という牢獄 | main | くだらない世界の現状_3 >>

くだらない世界の現状_2

女優 清水富美加の出家騒動について

======================================

 

連日、どうでもいい報道が続いていますね。幸福の科学って、オウム真理教と同じ「カルト宗教」です。社会的危険度は高いです。なぜなら、幸福の科学は他の宗教団体よりきわめて「攻撃的」だからです。

右翼的論調が目立ちます。アニメや自己満足の映画を多数製作して、ウケもしないのに流し続けるのもオウムと一緒です。

私は、いずれ、オウムと同じような事件を起こすと思っています。ただ、オウムは地下鉄サリンテロを起こしたので公安の監視下におかれて徹底捕捉されていますが、幸福の科学はあのとき生き残っていたので、今も、勢力を拡大して巨大化しました。

今は、創価学会より信者数が多いのです。意外でしょ?世界に展開して公称1200万人だと。お金もいっぱいあると思います。

 

■幸福の科学とは何か、超簡単に説明しておきます。

 

幸福の科学とは、大川隆法という東大卒のおじさんがトーメンという商社にエリートサラリーマンとして就職したのはよかったけど、メンタル逝ってトーメンを退社し、神がかり状態になったということで始めた「宗教ビジネス」です。文部科学省の認可がおりないので「宗教法人にしろ」とゴネまくり、ようやく宗教法人にしてもらいました。大川教祖の本を買ってもらうのが主な布教方法で「●●の法」というタイトルが好きです。常にベストセラーと宣伝しているけど、実態はチープです。なぜなら、日本の書籍のベストセラーにしたければ、新宿紀伊國屋書店の本店で毎週コンスタントに40冊程度買うように工作すれば、簡単にトップになれるからです。みなさんも、自分のおしたい本があったら、やればいいです。創価学会の「人間革命」も、大川隆法の「●●の法」もそうして、ベストセラーを「工作」しただけです。

 

……世の中って、本当にくだらないものです。

 

幸福の科学は、なぜだか知らないけど、東大卒とか一流校の信者が多いです。オウムの時もそうでしたが、なぜ一流大学を出た人がああいう、カルト宗教にはまるんでしょうか?

理由は私が京都大学の哲学研究会で発表した論文「なぜ東大生がバカに従うのか」をお読みください。

http://www1.odn.ne.jp/~cad79480/utumisoken.html

ちなみに、幸福の科学は、創価学会と一緒で宗教界では「孤立した」団体です。既存仏教、神道、キリスト教とも友好関係はありません。たぶん嫌われているだけだと思います。なぜ、嫌われるかというと、カルト宗教特有の「俺は正しくて、お前は間違っている」で他の信者に改宗を求めたり勧誘で嫌がらせをするからです。だから、自動的に嫌われます。

 

政治活動は、最初は自民党の三塚博などを支援したりして、自民党の支持母体で行こうとしましたが、失敗し、創価学会と同じ末路をとりました。「自分大好き政党」を立ててやるはめになりました。

 

それで、公明党と同じく「幸福実現党」という、恥ずかしい名前の政党を立ち上げて、莫大な信者からのお金を投じて選挙に出馬するも、全員落ちていくという……これもまた、オウムと一緒の末路ですが、今は、10人以上、全国に市議とか市長で幸福実現党の当選者が出ています。ま、どうでもいいです。いずれ、自民党や公明党と衝突して「お互い殺し合い」になるのが目に見えるだけです。

 

……世の中って、本当にくだらないものです。

 

栃木県那須には、皇室の那須御用邸があります。実は、日本のカルト宗教は皇室にあやかりたいという「成り上がり指向」があるらしく、那須には、日本のあらゆるカルト宗教が大集合して巨大な教団施設を作っています。行けばわかります。エホバの証人、創価学会、マハリシ……でも、幸福の科学は広大な敷地に豪華な「精舎」という施設、幸福の科学学園という高校を展開しています。信者に一流大学の出身者が多く、信者から講師を選抜できる学力があるゆえ幸福の科学学園は短期の開学で大学入試実績は立派なものとなりました。ちなみに、創価大学も昔は「三流大学」というのが、受験界の常識でしたが、今は高い学力の学校に変貌しています。

 

ま、どうでもいいです。勝手にみなさんがんばってください。

 

……世の中って、本当にくだらないものです。

 

■幸福の科学ってどうよ?

 

そもそも「幸福は科学ではありません」

大川教祖をあがめ、賛美するものではないです。小林幸子みたいな電飾イベントして自分が北朝鮮の刈上げ兄ちゃんみたいにふるまって、何か楽しいのかな?そんな金あったら、目の前の貧民救えよ。……て、小学生に指摘されたら一発で崩壊するレベルの話ですよね。そういうのを、ブッダは一番嫌ったので、王家の家族や財産、妻さえ捨てて、放浪の旅に出て悟りを開いたのです。

真の仏教徒なら宗教団体すらつくりません。

……もう、笑いそうですね。え?気づきました?世の中のほとんどの宗教団体って「ビジネス」なんです。そういう意味では「天国」ですね。だから、クリシュナ=ムルティは、神智学協会から金まで出されて宗教団体つくっても解散して一人放浪の旅に出ました。

だから、人に頼るな、すがるな。自分で気づけ!気づけないやつは、ビギナーだから、金出してゲットするだけ。そういうことです。昔は教室すらないんですよ。今は、ごていねいに宗教団体という「塾」がある。でも、そこに行っても、教祖が言うような「悟り」「気づき」「神様とつながる」はないです。どんなに教本読んでも、修行しても、本質に気づかない限りは、何もないです。

世の中、修行が目的になっている、かわいそうな人も多い。目、覚ましてください。なんで、東大をはじめとした一流校の人間が、この程度の真実に気づかないのでしょうかね?ありがたがって、メンタル逝った人を教祖にあがめて、いい年こいたオトナが「大先

生」ってやるのか?こっけいです。オウムなんか、ほんと茶番だったもんな。それをさ、また宗教学者とかが、さも、正当なように論評するでしょ?あいつらも、本当にいかがわしい連中ですよ。

 

ま、どうでもいいです。勝手にみなさんがんばってください。

……世の中って、本当にくだらないものです。

 

内海新聞より引用


スポンサーサイト

  • 2017.10.19 Thursday
  • -
  • 13:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM