<< 文明の進化とともに | main | グーグルの真意 >>

命の価値観

この人類の価値観というものは、社会的成功というものに多くのエネルギーを注いでいます。つまり仕事や家庭や人間関係や趣味や勉強やそういうものすべての事柄ということ。そこに人生の全精力を注ぐことをし続けることは、命の本質からかけ離れ続けるということでしょう。そもそも命の本質を知ってることが前提ですが…。極論、人類の全てには命の本質などはありません。命の本質を発見するには人類の常識というベクトルから逸脱しないと、逸脱というか棚上げしてかないと豚に真珠ということでしょうか。とにかく現在進行形で世界は混沌としてきてます。いろんな意味で。そこも客観的に注視することも大事だとおもいます。加えて何故人間は生きるのか。何故西暦なのか、何故地球なのか…と。怪しい宗教観念からではなく、そういった人類の予備知識など一切排除しつつ本当に客観的に、そういうスケールで思いにふける猶予を人類社会は与えません。さもそれが命の本質だと言い放ち続けます。そして人間は日々死んで行くのです。

スポンサーサイト

  • 2017.09.13 Wednesday
  • -
  • 14:56
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
始めまして26歳なんですけど半年前にほとんど同じ考えになって神様とか想像出来る事自体その作った神様を作った物はとかじゃ感情とゆう物に人は左右されるのであればその作った人が感情とゆうのが分からなくて僕らで実験してるんじゃないかとか考えましたね(^-^)
  • ak
  • 2014/06/21 2:30 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM