<< ペテンが一流会社というザマ。 | main | 人生の秘密 >>

感覚と意識

色即是空の色(しき)というのは、形のことです。物として存在するものは、だいたい皆、色(いろ)を持っています。色(いろ)という言い方で、物質的に存在 するものを、色(しき)といっているのです。これは、いわゆる男女の色(いろ)とは違うのです。色気の色のように、考え違いしやすいのです。色気も色の中 に入るかもしれませんが、本来は物質的存在のことをいっているのです。ところで、物質的存在は、本当にあるものかどうかということなのです。現在では、中学生でも、理論物理学の原理として、物理運動が存在する、原子の活動があるから、物質は存在するということを知っています。つまり、物質があるのではない。物理運動が物体を、形造っているのです。形造るということが、なぜ必要なのか。形造るという形で表現しなければ、物の本質が人間の心に、アピールすることができないからです。人間は、肉体をもって生れたので、肉体的な意味での、五官の感覚に、捉われているのです。
肉体の五官という感覚は、生活感覚です。ところが、厳密に言いますと、生活感覚と生活意識とは、違うのです。生活感覚は、甘いものを、甘いと感じる感覚なのです。その時、お菓子を食べている、又はぜんざいを食べているとなると、意識の問題になるのです。感覚と意識は、よく似ているようですが、感覚は、生れる前の命の本体を感じているのです。生れる前からの命の伝承が、おのずからある命です。おのずからある命は、大自然の一部としての人間生命のことなのですが、この命を、感覚は正確に認識しています。甘い、辛いという感覚は、百人が百人共、千人が千人共、同様の感覚をもっている。生れる前の人間の感覚は、万人共通です。だから、すべての人は、一様に、同じ感覚をもっているのです、この世に生きている人間だけを考えますと、万人一様ではありません。百人百様で生きています。そのように、意識は、一人一人、皆違うのです。これは迷いで す。感覚は、皆同じです。黒人でも、白人でも、甘いものは甘いと感じるのです。ところが、意識は、全部違います。そこで、人間の意識が、迷いなのです。本来、宇宙は、無限無窮の空間であって、物質というべきものが存在することが、おかしいのです。アンドロメダ星雲は、ほとんど、ガス体です。太陽系宇宙以外 は、ほとんどガス体です。従って、地球のように、時間と空間が、厳然として存在しているものは、全く希有の存在なのです。本来、宇宙全体は、無始無終であって、時間がないのがあたりまえです。従って、空間もないのです。ところが、地球だけに、時間と空間が、整然と存在してい る。これは、どういう意味なのか。ここに般若心経の色即是空、空即是色という言葉の持っている、非常に重大な意味があるのです。こういうことは、今の学問では取りあげないのです。ユダヤ人が、取りあげないようにしてしまっているのです。現在の西欧文明が、そういう規定をつくっているのです。従って、時間、空間の本質が何であるかが、分からないのです。
人間は、時間があると思っています。しかし、時間があることを、科学的に証明する方法はありません。文物質があることも、証明する方法はないのです。物理運動があることは、証明できます。原子爆弾ができたこと、水素爆弾ができたことが、物質が存在していないことを証明しているのです。もし物質が存在するなら、中性子の運動は、ありえないのです。色即是空とはどういうことなのか。物質が空であるのは、あたりまえです。なぜ空である物質が存在するかというと、人間の業に非常に大きい関係があるのです。原子の運動はありますが、物質はないのです。これは、実は、生活認識の根底に、重大な関係があるのです。物質がないということがはっきり分りますと、死なない命が分るのです。人間は現代文明に閉じこめられているために、死にたくないと思っていながら、死ななければならないと思っている。命に関する意識が、束縛されているからそう思うのです。死にたくないという方向で、自分の命を見ればいいのです。見られるのです。観自在菩薩は、その方法の一つなのです。死にたくないと考えるのなら、死にたくないとはっきり思い、口でそのように言うのです。自分の本心、本願をつらぬき通すような熱意があれば、死なない命を見 つけることは、必ずできるのです。死を破った人がいるのですから、誰でも死なない命を見つけることができるにきまっているのです。
ただ、意識を変更すればいいのです。人間は死ななければならないと考えている生命意識を、変更すればいいのです。そして、本来の生命意識を持つのです。これを、自性といいます。この言い方は、非常に不完全な言い方ですけれど、観自在と同じ意味なのです。本来の人間の感覚は、死なない命を直感的に知っているのです。ぜんざいを食べた時に甘いと感じるのは、肉体ではなく、魂です。これが分りますと、死なねばならないという意識から解放され、死なない命をつかまえることができるのです。「梶原和義ブログ」より引用


スポンサーサイト

  • 2017.09.13 Wednesday
  • -
  • 17:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM