錯覚という牢獄

何故私たちは、こんな矛盾極まりない世界に存在しなくてはならないのでしょうか。世界各地でこの世の常識・教育を受け、働いてお金を稼ぎ生活するというレールを強制的に人間は走り続けています。地球で生活しているという現実は突き詰めて行くと果たして、正真正銘 本物の出来事なのでしょうか。人生の真の目的は果たしてソコなのでしょうか。私たちの生活の中にある存在で、多くの植物や動物、昆虫、魚、果物、野菜など多種多様な生物が存在しています。それぞれ軽く何万という種類がです。それに空気や海や水や太陽が存在し、ごく当たり前のようにですが、それが何故存在し、しかも 人間が生命を維持するために絶妙なバランスで成り立っているかなど考えもしないでしょう。ただ花が咲いている。ただ魚がいる。ただ空気を吸っている。ただ太陽を浴びている。生まれてこのかた何の疑問も疑いもなくです。また、人間は不思議な能力… 直感・推理・判断・記憶といった心理機能・生理機能・五官なる機能が備われています。自分の意思とは関係なく、寝ている間も絶え間なく動き続けています。そう考えると、自分っていうのはいったい何(何者)なのでしょうか。この顔、体が示す肉体的自分が本物なのでしょうか。それがもし何の意味もない錯覚だとしたらどうでしょうか。この世全てがそうだとしたら…。  錯覚はそういう根本的な疑問をもち、全く真逆の角度で物事を見つめないと判断もできず脱出などもできないと思います。一生思おうとも思わないでしょう。そのために、現状に行き着いている原因を知り、全くの別な角度から現状を確認してみる。人生の真の目的に対して、何が錯覚なのか。その原因を知り、どこに向かっていけば良いのか。対策を練るといったきちんと先導する場がない限り、死ぬまでの人生が一生錯覚だったとも微塵も気付かないと思います。こう現実を突きつけられたとしても、それを客観的に信じ(宗教の信じるとは別物)、納得した上だとしても こんなリアルな錯覚から自力での脱出などは可能なのでしょうか…。極論 自力での脱出など不可能です。この自力という部分が錯覚の根源ということだからです。錯覚だと自分が理解しても、自力(自分で考える)にこだわるとしたら、一生堂々巡りとなってしまう要因となってしまうことになります。自力とは自我意識とも言えると思います。ここがとても重要な部分なので、非常に厄介です。今生きている世界が本物と思いながら、錯覚だとも知らないまま、死んでしまうのが今の人類のスタンダードになってしまっています。もし、固有名詞である自分が本物だとしたら、ここに生まれたことも、心臓を自分で動かすことも、自分で操作している実感が伴うはずではないでしょうか。自分が望んでこの世に生まれた実感もないはずなのに、自分が存在している風でいますし、ただ存在どころか、その地球という場所には文明社会が形成されていて、いろんな悩み、問題…地震災害や病気が渦巻いています。殺されたり、自ら命をたったり、災害や事故で無くしたりと問題をあげればキリがありません。こんな経験など自ら選択などするはずがなく、いったいこの地球での経験を通しての人間の最終目的とは何なのでしょうか。答えはすぐ近くにあることが西暦2018年たった今でも数名を除く全世界の人間は気付かずにいます。


本当の希望がない虚しさ

今、私たちが生活しているこの世界は、仕事をして報酬を得て生きることが人生の主軸となっています。

仕事を通して生活することに関して、何が一番価値があるかといえば、「お金」ではないでしょうか。いろんな職種で得るお金無しでは人としての生活はなし得ないと言っても過言ではありません。それに付随して様々な娯楽や物が溢れかえっているので、それで価値を見出します。まさに「お金」で生活の質が決まるし、人としてのこの世の価値も高くなります。そういう地位、名誉、財力がこの世の神となっている状態ではないでしょうか。「お金」があればなんでもできる。お金を用いて人を支配し、そこに価値、優越を見出します。人はどう仕事で儲けようか、収入を得ようかという部分に全力をあげている状態です。そして文明を作り上げたユダヤ民族は、資本支配し、序列も作り上げ、世論操作しコントロールしています。特に日本の国民はそんな現実などつゆ知らず、この文明生活で幸せを得ること・・・ そこに100%人生を投入しています。お金に価値基準を置く人ばかりではないとはいえ、別に裕福な人であろうが、犯罪者であろうが、文無しであろうが、人間の生きる本質は今の所「死ぬ」という結末に落ち着いています。しかも例外として自分で命を断つ人もいれば、病気、事件や事故で突然死んでしまう人もいます。なのに「死ぬ」ことに関しては、世界中全ての人々が無頓着なままでいます。それよりも何も今の生活が重要ということでしょう。「死ぬ」という部分に危機的意識が全くないということは、死ぬ=天国。という何の根拠もない風評的固定観念がまかり通っていることもあるでしょう。その役割の一旦として宗教もその悪しき要因の根源といっても過言ではありません。このように、人生の目的が「金もうけ」であるという現実は、なんという魑魅魍魎な意識に侵されていることでしょうか。「お金」を主軸とした政治・経済・スポーツ・教育・娯楽などが魂の原動力になってしまっています。溢れかえる情報でこれでもかといわんばかりの洗脳状態です。それも西暦2018年がたった今もずっとです。それが全世界の統一見解であり、それに異論を唱えることがあれば、直ちに異端児扱いや、変わり者、頭がおかしいと指を刺されてしまうのが今の世界です。たとえ、理路整然と文明ができた経緯や根本理由と現状分析をとうとうと語ろうとしても、この文明が神となっている現状、十分にお金や名誉を得ている人ほど、聞く耳を持たず 死ぬまで文明にあぐらをかき続けます。今の世界中の人たちは、文明が間違っているという意識を持った人は誰一人いません。いないどころか文明に陶酔しています。よほど危機的意識センスのある人でない限り、たとえ理路整然とした真実があれども、その本当の意味を理解できないのではないでしょうか。確かな真実を目の前に置き去りにして・・・


人生の真の目的地とは_05

物事には必ず結果があれば、それに至る原因というものがあります。例えばコップは偶然にはできません。コップの色形に至らしめる原因がきちんとあります。そこに至るまでの筋道というものが必ずあり、そこに至るための工程を踏むことがコップの完成には必須となります。なので物事全てにおいて偶然というものはありえないと思うのです。道端の雑草にも偶然に雑草が生まれた訳はなく雑草たる形にした意図があります。もちろん、もともと存在するそういった自然のものに対しても、原因をきちんと理路整然と説明できる状況があっての話です。決して空想ではなくです。人間はどこか空想めいたものに惹かれます。宗教が存在し得るのもその要因ではないでしょうか。どことなくふわっとしています。どんな角度でもいいように捉えられるので、安心なのでしょう。当たり障りのなく、期待心をくすぐり、さも救世主のごとくヒーローを創造し、見事に人々を引きつけています。つまりそういうさも心に突き刺さるでっち上げに陶酔している限り、真の目的地にいく工程(プラン)などわかるはずがないのです。どちらかというと喜び勇んで身を置いています。今の文明はいろんな意味で間違えた解釈をもち続けています。死んで天国へいく願いも人間の勝手な解釈です。一体この世界のどこが正しいと言えるのでしょうか。今の文明は、言ってることとやってることが支離滅裂であることは誰の目でも確かです。結局この世の全ての思想はデマであり、詐欺であり、真の目的地に向かうことができないようになっています。厄介なことに文明が後退していること、迷走していることにも気づいていない状態です。世の形態をリードしているユダヤ人の人間は、地球の全ての人間を意図的かどうかは別として、結果的に死ぬ方向に導いています。後にも先にも死が待ち受けることに対して、スルーし続け、この世界をどうリードしていくか、富をどう維持していくかに必死だということです。


人生の真の目的地とは_04

今の人間は誰の目から見ても平等ではありません。社会も不条理であり理不尽な上、品格のかけらもありません。今の政治、教育、経済を見回せば、誰もが疑いなく思うことでしょう。そもそも生まれる前に国や性別、環境を自分で選べない時点で不平等だと言えないでしょうか。人間はお金に価値基準をおく世の中を動かしているグループ、富を得た者によって人間の本質を度外視した、使う者 使われる者の関係で成り立っています。それに外れた人たちは、出来る限りに人生の帳尻をうまく合わせて納得しなくても納得している風に装い、コミュニティー形成してうまく生きています。もちろんそんな低次元なので、妬みや嫉妬、殺人や暴力など当たり前です。世の中は文明のそういう欲望の自我に渦巻く核心には一切触れず、世間をコントロールし続けています。ここまでを見ると見事に人類総騙しにあっている状況です。人生の真の目的など気にも止めないのは当然ということでしょうか。ですが、その強固な牙城もここにきて崩れる様相を呈してきました。所々に至る悪事が噴出してき出しました。残念ながら諸悪の根元たる人物も命は永遠ではありません。ここがキモです。偽物は自滅するということです。人間には良心をいう心を持ち合わせています。人間には心理機能・生理機能・五官が備わっていることも大きなキモです。今、私たちが住んでいる家や学校や職場、世界各地の街や森や川や海などは、人間がたどり着く真の目的地ではありません。今の人間はいくら超高層マンションのてっぺんに住もうが、それは一瞬の幻ということです。しかも死んだ後に落とし前をつけなければならないオチ付きです。死んでびっくり、この世の成功は全く微塵も意味をなさないからです。この世で兆がつく資産を得たとしても、死んだら兆どころではない、途方もなく無限大の借金を背負うということ。ちなみに漫画に出てくる悪事を重ねて、閻魔大王的なイメージで裁かられるとは違いますが・・。そう、あえて意図的に不平等になっている。あえて意図的に地球は不完全になっている。でなければ、飽くなき自我で思考が狂っている今の人間が真の目的地に行こうと思いなどしません。だから文明はとことん不条理で理不尽という仕組みになっていると。その中で、人は疑問を持ちえるのではないでしょうか。そういう負の疑問だけでなく、花は綺麗なのか。なぜマグロは美味いのかという疑問はどうでしょうか。マグロなんだから美味いっていう浅いことでなく、マグロの味をそういう味にせしめた本質たる疑問を投げかけることなど、普通に死んでいく人は多分一生ないでしょう。そういう当たり前になっている事柄に純粋な疑いを持たない(持とうとしない)のが今の人間だと思います。そんなことよりもお金儲けが勝るのです。


人生の真の目的地とは_03

世に宗教というものがあります。あたかも最高の死を迎えるかの如く誘導し、世界の人々を信じさせています。死んでからの責任を一切取れないのにです。人々をおとぎ話のように前向きに解釈させます。悪いこともいいこともその一挙手一投足を宗教思想にからめています。どんなことがあろうと諦めず、信じれば救われると・・。で、人は死んでいくのです。ああ、安らかな表情に死んでいったね。死ぬ前に信じると宣言してよかったね。死んだ後も知らずにです。わらおも掴みたい人たちを口八丁手八丁で誘導しています。そんな宗教と言われる団体が世界中どれほど多く存在していることでしょうか。数千とも言われてます。数が多かろうが、内容がどうであろうが、その全ての最終目的地は同じ「死」ということです。人生において なんと儚く、無駄な工程なのでしょうか。それを真剣に取り組んでしまうのです。それはそうです。文明に真の目的など存在しないからです。なので、1日中ぼーっとしているニートの方が状況としてはよっぽどマシです。そういう意味では、たかが数十年の人生において、何が虚しく、何が重要なのかの概念が全く違ってくると思います。正すには、きちんとしたガイドによる真の目的地の確認と、どう行くかの方法、そのルートを押さえる必要があるのではないでしょうか。海外へ行くにはパスポートは必須であると同じように、真の目的地にも工程が必要だということです。ただ信じれば救われるような次元の話ではありません。ただ、一番間違えていないことは、宗教という概念は間違えということです。


人生の真の目的地とは_02

人生の真の目的地があるならば、知りたくない人などいないはずですが、私たちという者は、自分は常にこうあるべき、こうありたいという執着にとわられ続けていると思います。それを根底に、他人によく思われたい、ああなりたい こうなりたいという願望(欲みたいな)が入りまじり、日々の生活を送っていると思います。それは妄念に取り憑かれていると言っても良いほどにです。その妄念に執着する執念が、人間は尋常じゃないということです。ですので、人生の真の目的は・・・  と、淡々をその根拠を申し伝えたとしても、強力な妄念によってボカされ、掴もうとしようともフェードアウトさせられるのがオチです。そうなっては豚に真珠になりかねません。結局そういうオチになるならば、真の目的地を知らぬまま間違った方向で人生を「死」として終了する方がまだマシだと思うのです。物理法則でもそうですが、結果に基づく原因というものが、絶対としてあります。原因なき結果は存在しえません。それは身の回りに存在する物質と言う存在においても、同じことです。なんとなく魚がいる。という筈は有り得ないということです。私たち人間が地球で生活を送るこの数十年あまりの期間も原因があっての結果ということです。そして生活するにあたっての箱である地球の意味とは。海があり花があり、鳥や魚、動物、植物が存在し、地震や災害、多くの病気が存在するという根本原因です。なんのために地震や災害がある不完全な地球で、これほど豊かな食料や美的景観が存在するのかという矛盾を呈しているのか。なぜこれほど美しい地球がそういう欠陥を帯びているのか。死に至る病気や毒物が存在しているのか。これを偶然と片付けるということは、人間の存在は虫けらということになります。果たしてそうなのでしょうか。人間の存在をそうせしめている根本の原因があるとしたら。それが諸悪の根元だということです。その正体を知り、対策を講じなければ、私たちは「死」を待つのみということです。


人生の真の目的地とは

今私たちが生まれてから家庭で育ち、学校教育を受け、社会で山あり谷ありで仕事をし、老後で第二の人生を謳歌 ? し、最後の締めは「死」という一連のゴールまでの流れが常となっています。人によっては違う人生(病気、事件、事故、災害、障害など)のルートもありますが、ゴールまでの向かう方向は同じです。全ての人間はそれを承知し続けています。しかし、私たちの人生でやるべきこと、進むべき方向が全く違っていたとしたら・・。という話です。向かうべき方向が違っていることにより、本当のゴールは「死」ではないとしたら・・・。そして死んでのその後の結果が最悪のものであり、歯ぎしりをするほどの後悔をしてしまう結果に及んでしまうとしたら・・・。私たちは死ぬまで必死で生きているこの世界に見事に騙されていることになります。そう政治家が言っているから。多くの信者がいる宗教家が言っているから。尊敬する先生が言っているから。親がそう言うから。周りのみんながそう言うから。そして、人は仕事やスポーツや宗教や娯楽の普及、成功に一生懸命です。その一連の結果が「死」であるならば、そういう人たちが言うことは根こそぎデマということになります。そもそも死ぬのが当然という風習は一体なんの根拠からなのでしょうか。死んで天国という概念が誰が言って証明したのでしょうか。今ほとんどの人間は、勝手なこじつけでいいように捉え、死んでからの責任など全く意味がわかりません。逆にあなた頭大丈夫?という世界です。わからないから、信じる対象を創造し、執着させるというテクニックで、騙していると言ってもいいでしょう。つまり、巧妙に話をすり替えています。この世が全てだと思えてしまうほど、リアルで、高等なテクニックを施しています。これに気づくには単独では不可能だと思います。この世の仕組みと死という概念の正体を理路整然と記した地図がないとどこに向かうかもわかりませんし、向かおうという気にもならないと思います。それほど人の精神は犯されていると思います。病気でいうと、末期というほどにです。世界中の優しい人、そうでない人、罪を犯す人、普通の人、お金持ちの人、そうでない人、ニートの人、病気の人、あらゆるジャンルで有能な人、ただ一人の例外もなく。私たちが生まれてきた以上、目的があるはずです。それがこの世の成功というチンケなもののためなのでしょうか。誰が見ても欠陥だらけのこの世において、私たちはこれが正真正銘真の真の目的だと心から思えるのでしょうか。


続・脱出方法を掴め

私たちは、この地球に生まれ、幼少期を過ごし、学校で学び、社会に出て日々年月を重ねていきます。そして人生長く生きれば生きるほど、矛盾や絶望、憤りという気持ちに幾度となく苛まれています。私たちが生きていく中で、そういう出来事が占める割合が多く、その思いが強ければ強いほど、生きる虚しさを感じることと思います。そう感じつつも必死で生きている人がどれだけ多くいることでしょう・・・。その中に数少ないであろう そう思わない人がいたとしても、世は矛盾だらけということです。そしてそう思わない人は、この世でいう恵まれた人。地位や名誉を持った人。生まれながらに何不自由がない人。この世はそういう人が勝ち組ともてはやされ称されています。そういう矛盾極まりない価値基準が当たり前となっているのが私たちの世界です。それに異議を唱える人など世界中皆無なのです。持つ者と持たざる者。そういうことです。そして持たざる者たちは、その矛盾を娯楽、宗教、麻薬、といった事柄で一時的に麻痺させている形です。しかしそれで虚しさなど一生埋められません。埋められないままに結局人は死にます。結局死ぬから持つ者が勝ち組ってことでしょう。この世で謳歌しまくろうという腹なのでしょう。でも、そういう者も結局は同じ死ぬ運命なのです。それが世の中の道理であり道義ってことです。なるほど、良心がまともな人が犠牲になってしまうのが世の常という理不尽な状態ということです。ただ、そんな理不尽で不条理な世界のままでこれからも生きることは、まっぴら御免だということは確かです。まっぴら御免だから犯罪を犯すのでしょうか。自殺するのでしょうか。自暴自棄になるのでしょうか。そんな酷な人生を送るために、人は生まれてきたのでしょうか。私たちは、その件について絶対に妥協し、仕方なく受け止め、ただ死を迎えてはならないということを知って欲しいのです。


脱出方法を掴め

今の学問では、政治学と科学を、統合するものがありません。政治学が正しいか、科学が正しいか、結論が出ないのです。そこで核兵器ができるのです。科学を勉強すれば、原子爆弾ができます。それを持つことがいいのか、悪いのかが、今の文明では判断ができないのです。その結果、アメリカは八千発、ロシアも七千発と、両方あわせて一万五千発という、膨大な核兵器を持ってしまったのです。地球を何十回も破壊できる、恐ろしい兵器を持っているのです。専門学の欠陥が、こういう文明を産み出したのです。誰も専門学の研究を止めることはできません。遺伝子組み替えヤクローン人間製造の研究、生物化学兵器の果てしない研究は、人間と地球を徹底的に破壊するところまで行ってしまうでしょう。専門学を野放しにしたことが文明の致命傷になってしまったのです。ノーベル賞という褒美がありますが、ノーベルはダイナマイトを発明したユダヤ人でした。日本の学者は、ユダヤ人に褒美をもらって、喜んでいるのです。白人文明はユダヤ文明だというのは、こういう意味なのです。死んだらどうなるかということを知ろうと思えば、全体学でなければだめなのです。専門学ではだめです。政治も経済も、科学も哲学も、法律も医学も、全部ひつくるめて、大きな立場から考えなければ、人間の死後の問題は分からないのです。どうすればいいか。それは、聖書で言うイエスが死を破ったことを勉強すればいいのです。イエスが死を破ったことは、歴史的事実です。イエスが死を破ったことにより、歴史が新しくなったのです。これをキリスト紀元というのです。キリスト紀元になってから、すでに二千年以上もたっているのです。それなのに、まだ人問が死ぬと考えているのです。人類はどれだけ愚かな集団なのかと言いたいのです。人間は死ぬべきものではないことを、イエスが証明した。ところが、いまだに、イエスが死を破ったことが、どういうことなのかを、宗教以外の方法で、堂々と勉強している人が、一人もいないのです。
文明は、何のためにあるのでしょうか。原子爆弾を造るような文明が、いいのでしょうか。校内暴力、家庭内暴力は、随所にあります。今の教育がいいのでしょうか。教育が悪いのは、政治が悪いのです。政治が悪いのは、文明が悪いのです。だから、文明がまちがっていると言わざるを得ないのです。今、日本から、文明をやりかえるような、根本的な問題を考え直すような、すばらしい世界観が、発表されなければならないのです。正しい人間の見方、神の見方、命の見方、死後に対する見方が、未知の世界観として、発表されなければならないのです。聖書の本当の読み方、イエスが復活したとはどういうことなのか、イエスが死を破ったとはどういうことなのかを、分かりやすい形で、全世界に発表しなければならないのです。死んだらどうなるかを、簡単にいいますと、死ぬと眠るのです。肉体的に死ぬということは、こう考えればそんなに恐ろしくはないでしょう。夜睡眠をとるようなものです。睡眠は死ぬのと同じことなのです。夜眠れば、翌朝起きます。だから、安心して眠れるのです。ところが、目が開かなかったらどうなるのでしょうか。永眠しても、しばらくは眠っていますが、やがて目をさます時が来ます。その時がこわいのです。現在の地球や人間社会は何のためにあるかといいますと、完成するためにあるのです。人間は完成するためにあるのです。仏教では、成仏、成道といいますけれど、成仏とはどうなることなのかを、はっきり言わないのです。キリスト教でも説明ができないのです。キリスト教は、欧米の宗教です。ただの宗教です。彼らは、聖書に書いていないことを、勝手にしゃべっているのです。何度も言いますが、現在の地球は、未完成の物体です。今の地球は、いつ地震があるか分からない。あちらこちらに砂漠がある。台風、洪水、早魅、冷害、飢饉、噴火、竜巻がいつ発生するか分かりません。伝染病が発生し、戦争がある。泥棒がいる。こういう地球は、完全な地球だといえるでしょうか。地球は不完全なものです。未完成です。未完成の地球に、未完成の人間が住んでいる。肉体人間は、未完成の人間なのです。地球も未完成です。だから、今の人生を本物だと思うことが、どうかしているのです。このことを、般若心経は五蕗皆空、色即是空といっているのです。般若心経をまじめに読んで頂ければ、すぐに分かるのです。地球は、完成するためにあるのです。人間も完成するために生きているのです。死んで眠っている人は、地球が完成するまで、眠っているのです。何百年も眠っているのですが、やがて地球が完成します。その時に目をさますのです。今の地球と全然違った世界が現れるのです。イエスは、これが分かったのです。分かったから、死を破ったのです。もし、イエスの復活を学の対象として取り上げれば、ユダヤ人問題は完全にしぼんでしまうでしょう。原水爆の問題も、完全に解決するのです。ユダヤ人が一番いやがっているのは、イエスの復活です。これを学が取り上げると、人間の考え方が、がらりと変ってしまうのです。そうすると、地球が完成します。戦争がない世界が現れるのです。千人、二千人が救われるかどうかの問題ではないのです。一度死んで眠っていた人が目をさますとどうなるかといいますと、世界が完成しているのです。本当の命、本当の神を知らないで眠っていて、目をさましたら、地獄です。目の前に神がいるので、びっくりするのです。そこでしまったと後悔する。これを第二の死というのです。肉体的に死ぬのは、第一の死です。これはこわくないのです。第二の死がこわいのです。

梶原和義ブログより引用


人類=虚構

マルクスは人間は偶然に生まれた。自然発生的に生まれたと考えた。地球は偶然にできて、偶然に自転、公転していると考えるのです。地球の存在は、偶然にしてはあまりにも合理的で、緻密でありすぎるのです。なぜこのような秩序整然たるものがあるのか。物理的にも、心理的にも、実体的にも、驚くべき統率力と計画性、組織性があるのです。そうして、人間自身の生活にも、欲望とか感情が錯綜したものがありますが、その底辺にあるのは理知性であって、それには、組織性と計画性、目的論的なものがあるのです。そうでないと、政治、経済が成立しないのです。自然現象のメカニズムはどうなっているか。海の塩はどうしてできるのか。人口が増えても食べるだけの魚介類、米、麦、野菜も増えているのです。

こういう超自然の合理性を、偶然といってかたずけられるのでしょうか。もしこういう有機的な世界のあり方を偶然というなら、必然がなくなってしまうのです。したがって、必然という文字を全部消滅させてしまうか、偶然という文字を消滅させてしまうか、どちらかを取らなければならない。偶然という言葉と、必然という言葉を、並立させることはできないのです。そうしますと、やはり偶然という言葉はでたらめすぎて、否定しなければならないのです。物質が偶然に存在する。人間が偶然に生きている。こんなばかなことはあり得ないのです。これはユダヤ革命の第一段として、意識的に革命論を展開して、人間文明をめちゃくちゃにしてしまおうという計画性から出た思想です。それでなければ、そんな無責任な放言はできないのです。唯物史観の基本論は全く無責任な放言です。こういう思想を世界にばらまくと、異邦人がとびつくから、人間は愚かなものです。これについては、ユダヤ人モルデカイ・モーゼ著「日本人に謝りたい」(日新報道)をお読み頂きたい。マルクス主義はユダヤ民族解放のための虚構論理であると、はっきり述べているのです。   梶原和義ブログより引用


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM